ゲンゴロウ宣材.jpg

劇団
身体ゲンゴロウ

Theater Company Shintaigengorou

新しい表現を探すことと、
食べていける劇団になることを目標に活動中。
東京都市圏を拠点に、
年間を通してイベントや演劇公演の開催に取り組んでいます。
主宰・菅井啓汰を中心に、東京藝術大学生、他大学生が多く在籍中。
これまでの主な作品は「イザナミだけが知っている」
「リトルボーイ& girl」「ナマリの銅像」
当劇団は、新劇団員を歓迎・募集しております。

劇団 身体ゲンゴロウ とは

テーマは遠くの歴史や事件…!

東京芸術大学のメンバーを中心に2019年に発足。主宰・菅井啓汰を中心に、現在では団員は多岐にわたります。
歴史や事件のリサーチのなかで、人の普遍的な感情や営みに焦点を描く演劇を特徴としています。
新しい表現を探すことと、食べていける劇団になることを目標に小劇場で活動中。
東京都市圏を拠点に、年間を通してイベントや演劇公演の開催に取り組んでいます。

NEWS

actors01.jpg
スクリーンショット 2022-04-18 12.17.59.png
IMG_1420.JPG

第5回公演
「桜か雪の散るか降る」
開催決定

2022年8月18日

2022年9月28日(水)〜10月2日(日)
王子小劇場にて、新作公演開催が決定しました!

YouTubeチャンネルにて
第四回公演「ナマリの銅像」
ダイジェストPV公開!

2022年4月18日

公演映像のダイジェストPVを、
公式YouTubeチャンネルにて公開いたしました。
演者紹介・公演の様子を一早くお届け!
詳細リンクからご覧いただけます。

第四回公演「ナマリの銅像」
無事終演のお知らせ

2022年3月20日

開催が予定されていた第四回公演「ナマリの銅像」が無事終演いたしました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

公演開催予定

  • 【第4回公演】ナマリの銅像
    3月09日 14:00 – 3月13日 18:00
    杉並区, 日本、〒166-0011 東京都杉並区梅里2丁目40−19 ワールドビル B1F
    劇団 身体ゲンゴロウ第4回公演「ナマリの銅像」(延期公演) 脚本・演出 / 菅井啓汰 劇中曲作曲 / 武田朋也 《あらすじ》 圧政強まる島原では、もうすぐ一揆だと噂が流れ出す。パチンコバイトの少年益田は、口先達者な意気地なし。「退屈な日々を一変させてやる!」と言う幼馴染に誘われるがまま、一揆軍に加わることになり… 若者は、鉄砲見るまで無鉄砲。母親は足並み揃えて改宗し、親父がビクビクしながら竹槍を持てば、傘連判の人々の右往左往のお芝居の始まり。 益田の口先は、神を人々に信じさせ始め…城は大きく動き出す。
    シェア