団員・スタッフ紹介

劇団 身体ゲンゴロウ所属団員のご紹介

チームセクションの最初のテキストです。スタッフの紹介やチームの特徴などを入力しましょう。スタッフそれぞれの個性を伝えることで親近感をもってもらえます。

indiv_sugai.jpg

菅井 啓汰(すがい けいた)

主宰/演出/脚本

演出家、脚本家、俳優。

東京藝術大学美術学部在学。

2019年度に身体ゲンゴロウを結団。

現代美術の分野と演劇分野を横断して活動する。

歴史やニュースに対する遠さのなかに、そこに生きた人とつながりを感じられることを第一義として演劇に携わっている。​​

 indiv_ takeda.jpg

武田 朋也(たけだ ともや)

役者/舞台美術/音響プランナー

作家、俳優、音楽家。静岡県富士市出身。

東京藝術大学美術学部在学。
‘20年に第二回公演「イザナミだけが知っている」への

参加をきっかけに劇団身体ゲンゴロウに所属。

出演・制作作品:'20年 第2回公演「イザナミだけが知っている」

'21年 第3回公演 脚本(菅井啓汰との合作)「リトルボーイ& girl」

『取手藝祭2021』出展 作・演「レインコート」

indiv_yanagimachi.jpg

柳町 明里(やなぎまち あかり)

役者/制作補佐

女優、当劇団では広報活動中心に制作も担当。
愛知県出身。東京経済大学コミュニケーション学部在学。
「対話が生み出す力」を信念に、役者としても、制作やその他担当責務に当たっても汎用的に活動している。
出演作品:'20年 第2回公演「イザナミだけが知っている」
'21年 第3回公演「リトルボーイ& girl」
『取手藝祭2021』出展 武田朋也作・演「レインコート」

indiv_yamazaki.jpg

山﨑 沙羅(やまざき さら)

制作/役者

制作を主に担当。女優としても活躍。

東京芸術大学美術学部芸術学科在学。
幼少期よりフラダンスや日本舞踊といった舞踊にふれ、

しなやかな身体表現を得意とする。
大学では演劇理論を学び、演者としての視点にとどまらない

多角的な観点から演劇に取り組む。

indiv_hajikano.jpg

初鹿野 海雄(はじかの かお)

役者

俳優、アナウンサー志望。
山梨県出身。東京経済大学コミュニケーション学部在学。
多数の司会・ナレーション経験を活かし、丁寧な発声・息使いでの芝居を得意とする。
出演作品・経歴:
『取手藝祭2021』出展 武田朋也作・演「レインコート」
第42回全国高等学校総合文化祭 朗読部門 優秀賞
第66回NHK杯 全国高等学校放送コンテスト 入選